MINAMI KITASONO
MINAMI KITASONO
on Google
Jun 7, 2021
【音楽の制作記】第8回   日課の譜面読みを30分行う。 紫色のコンパクトミキサーはデモの制作に使っている。 【画像】 Sound Craft社のFolioという廉価ラインの製品で、イギリス国内で製造されていた。 2000年以降の製品だが、むしろ90年代を思わせるデザインが気に入り購入。 歪みやすく、ノイズが大きい。いわゆるローファイなサウンドになる。 レコーディングでも、一部のトラックには敢えて使用した。 デジタル領域で調整し、むしろクリアに聞こえるようにする。 洗練された安っぽさは、ひとつの理想かもしれない。 FRPのシェルチェアだとか、初期のSwatchなど。 今作には、その意識が根付いていると思う。 ____________ スピーカーのセッティングを再び行う。 参考にBruno Mars「Chunky」2016 を再生し、良く聞こえる状態を探る。 結局、スピーカー本体に内蔵されているEQのローミッドを1db下げる。 Donald Fagenの「H Gang」2006 で再チェック。 イントロのクローズドボイシング(ピアノと、モジュレーションの掛かったギター)も、 適正に聞こえるので、ひとまず良しとする。 ____________ 毎週木曜日、MINAMIKITASONO.COM に投稿している、ピアノ小曲のバックナンバーを公開した。 Short Peace 2021 April May June 現在は4月から6月の第一週までの作品が、楽譜と音源で公開されている。  ___________ 【音楽の制作記】第8回 終 毎週月曜日に、Posts on Google に、1st アルバムの制作記を投稿しています。 また、 毎週木曜日は、公式サイト MINAMIKITASONO.COM にて、 ピアノ向けの小曲を投稿する企画【今週の曲】を行っています。 現在は、1st アルバムの制作中です。 制作には、種々の研究を兼ね、しばらく取り組んでいますが、 4月頃からは、SNS上での定期的な報告も再開しましたので、チェックして頂けると幸いです。 MINAMI KITASONO (@Minami_Kitasono) 次回【音楽の制作記】は14日の更新となります。
Google apps
Main menu